キャッシング申込のココが知りたい!Q&A

お金が必要になった時に便利なのが、キャッシング申込みですよね。

でも、お金を借りる方法としては、それ以外の方法としてカードローン申込みもあります。 キャッシングとカードローンの申込みの違いはいったいどんなものなのでしょうか。

キャッシングとは

キャッシングの申込みは、個人向けの小口融資でクレジットカード(信販会社)からの借入れの場合は一括払いとなる事が多いです。 しかし、分割払いができないキャッシング申込みに疑問を持つ人がいるかもしれません。

実はキャッシング申込みはお金を借りる行為自体を指していたり、ATMやCD機からお金を引き出す行為を指していたりすることもあるんですね。 つまりキャッシング行為ができる貸付ということで、キャッシングという呼び方をしていることが多いのです。

カードローンとは

1万円札の束

カードローンの申込みは、キャッシングより借入枠が大きく、分割払いができるものです。 しかし実際に借りようと思っても審査次第では借入枠に限度がありますので、キャッシング申込みで借りられる枠とほとんど変わらないということもあります。

カードローンもキャッシング申込みも元をただせば返済方法に明らかに違いがあるのに、同義で扱われていることがほとんどです。 クレジットカード(信販会社)では分割払いも選択できる借入がカードローン、一括払いのみがキャッシングと明確に分けていることもありますが、消費者金融では同じ意味で使っています。

キャッシング申込みも分割払いができるものだという思い込みからクレジットカードで安易にお金を借りてしまい、翌月に大きな請求がきて焦るケースもあります。 10万円は借入可能額としては小さいですが、限度額ギリギリの10万円を借りて翌月1回で払うのはきついと感じる人は多いはず。

そんなことにならないためにも、借りる前には申込み方法や返済方法、そして返済日や額をしっかりと把握しておきましょう。

キャッシング申込みもカードローンも使い道は自由

どちらも現金を借りることができる金融商品で、使い道も自由です。 大抵の支払い決済はクレジットカードで済ませることができますが、どうしても現金を用立てないといけない場面が出てきます。 そんなときにはキャッシング申込みやカードローンを使って、必要な分だけ借りることができます。

また、マイカーローンや教育ローンなどは、お金の使い道が決まっている金融商品です。 マイカーローンから生活費にちょっと回そうと思ってもできません。

カードローンやキャッシング申込みは使い道が自由だというメリットはあるものの、その分目的別ローンより金利が高いというデメリットもあります。 これらの特徴をちゃんと押さえた上で、自分にあった金融商品に申込みをすることが大事です。

代表的な目的別ローンには、自動車や家の購入費、そして入学金や授業料の支払いの為の学費用があります。 住宅ローンの場合は、土地や家の購入だけでなくリフォームを目的としている場合にも使えることが多いです。 ですので、これらの目的でお金を借りたいなら、使い道自由のフリーキャッシングではなく、目的別のキャッシングを利用してお金を借りるべきです。 そうした方が、低金利でお金を借りることができます。 また、上場している様な大企業の場合、自社で社員向けにローン融資を行っていることがあります。 もし、規模の大きな会社に勤めている場合は、自社で社員向け融資を行っていないかを確認しましょう。 会社にはお金を借りているという事がばれてしまいますが、社員向けのサービスということでかなり低い金利でお金を借りる事ができます。

賢くお金を借りる方法

カードローンは、使い方を間違えなければお金が無い時にこれほど重宝する物は無いですよね。 もし節度をわきまえない無謀な使い方をした場合は、論外で借金地獄というしっぺ返しを受けることになります。

数年前のことですが、初めて金融機関でお金を借りた時には、まるで自分の所持金が増えたような錯覚に陥ってしまって、必要以上に多くのお金を借りてしまいました。 よく手品で何もない所からお金が出てくるというマジックがあるけど、まさにそんなイメージをカードローンに持っていました。

そんな無謀とも言える使い方をしたので、当然のことながら返済が滞ってしまいました。 よくあるパターンですが、その借金を返すために、別な貸金業者からお金を借りるという愚行をしてしまいました。 取りあえず、その場しのぎでも良いから何とかしたいという気持ちから別会社でもお金を借りるという本来ならやってはいけない事をやってしまいました。 世間一般で言う所の多重債務となったので、完済するまでにはかなりの苦労を伴いました。

でも、悪い事ばかりではなくて、お金で苦労をしたことで、お金の有難味が良く理解できたし、金銭感覚も人並みに戻ることができました。 今では千円でも大きなお金という感覚を持っています。 カードローンは今お金が無くても、分割で商品やサービスを購入することができ便利ですが、お金を借りる借金なので、今はできるだけ使わない様にしています。 基本的には、お金を借りるのではなく、欲しい商品を買う事が出来る額を貯蓄するまで我慢する様にしています。 貯蓄で現金一括で買えば、借金ではないので後になって返済で苦労するなんてことは起こりません。