キャッシングのココが知りたい!Q&A

お金が必要になった時に便利なのが、キャッシングですね。

でも、お金を借りる方法としては、それ以外の方法としてカードローンもあります。 キャッシングとカードローンの違いはいったいどんなものなのでしょうか。

キャッシングとは

キャッシングは、個人向けの小口融資でクレジットカード(信販会社)からの借入れの場合は一括払いとなる事が多いです。 しかし、分割払いができないキャッシングに疑問を持つ人がいるかもしれません。

実はキャッシングはお金を借りる行為自体を指していたり、ATMやCD機からお金を引き出す行為を指していたりすることもあるんですね。 つまりキャッシング行為ができる貸付ということで、キャッシングという呼び方をしていることが多いのです。

カードローンとは

1万円札の束

カードローンはキャッシングより借入枠が大きく、分割払いができるものです。 しかし実際に借りようと思っても審査次第では借入枠に限度がありますので、キャッシングで借りられる枠とほとんど変わらないということもあります。

キャッシングもカードローンも元をただせば返済方法に明らかに違いがあるのに、同義で扱われていることがほとんどです。 クレジットカード(信販会社)では分割払いも選択できる借入がカードローン、一括払いのみがキャッシングと明確に分けていることもありますが、消費者金融では同じ意味で使っています。

キャッシングも分割払いができるものだという思い込みからクレジットカードで安易にお金を借りてしまい、翌月に大きな請求がきて焦るケースもあります。 10万円は借入可能額としては小さいですが、限度額ギリギリの10万円を借りて翌月1回で払うのはきついと感じる人は多いはず。

そんなことにならないためにも、借りる前には返済方法や返済日、額をしっかりと把握しておきましょう。

キャッシングもカードローンも使い道は自由

どちらも現金を借りることができる金融商品で、使い道も自由です。 大抵の支払い決済はクレジットカードで済ませることができますが、どうしても現金を用立てないといけない場面が出てきます。 そんなときにはキャッシングやカードローンを使って、必要な分だけ借りることができます。

また、マイカーローンや教育ローンなどは、お金の使い道が決まっている金融商品です。 マイカーローンから生活費にちょっと回そうと思ってもできません。

キャッシングやカードローンは使い道が自由だというメリットはあるものの、その分目的別ローンより金利が高いというデメリットもあります。 これらの特徴をちゃんと押さえた上で、自分にあった金融商品を選ぶのが大事です。